米大統領選への出馬が憶測される名司会者オプラ・ウィンフリーの非公式マーチコレクションが登場

それぞれ1,300万人、14.5万人のフォロワーを擁し、面白おかしいインターネットミーム(meme)の投稿で人気のInstagramアカウント@fuckjerry@pizzaslimeが、大統領選出馬が憶測される米司会者/女優/慈善家であるOprah Winfrey(オプラ・ウィンフリー)のマーチコレクションを制作した。

2020年のアメリカ大統領選への出馬を検討していると報じられているOprahは、先日開催されたゴールデングローブ賞授賞式で熱のこもったスピーチを披露。参加者よりスタンディングオベーションを受け、彼女の大統領への出馬を待望する声が上がっている。

〈Balenciaga(バレンシアガ)〉の人気アイテムをサンプリングし、アメリカで沸き起こっているOprah待望論“Oprah 2020”をタイトルに冠したコレクションは、2種類のアパレルグッズとダッドハットで構成。1種類はOprahの名前と“2020”がプリントされたシンプルなデザインのTシャツ、ロングスリーブTシャツ、フーディ。Tシャツはホワイト、ブラック、ネイビーの3色を展開し、ロングスリーブTシャツ、フーディはホワイト、ブラックの2種類を用意した。

もう一方のデザインは“Oprah for President(オプラを大統領に)”と、Oprahが前述のスピーチで述べた“A New Day Is on the Horizon(新しい日が地平線に昇ろうとしている)”という言葉がプリントされており、Tシャツ、ロングスリーブTシャツ、フーディがホワイト、ブラックの2色で展開する。また、ダッドハットはホワイト、ブラック、ネイビーの3色がラインアップした。

Oprahは2020年の大統領選に出馬することになるのだろうか。Oprahの出馬を待望していてもいなくても、まずはフォトロールより各デザインをチェックしてみよう。購入はオフィシャルサイトからどうぞ。

現アメリカ大統領であるトランプ大統領の物議を醸す過激ツイートがなぜ凍結されないのかに関してもあわせてチェック。