Palace x Reebok CLASSIC より1年半振りとなるサイケデリックなコラボフットウェアが3型登場

アパレルブランド〈Thames(テムズ)〉のデザイナーやアーティストなど、ロンドンを拠点に精力的な活動を見せるBlondey McCoy(ブロンディ・マッコイ)だが、先日遂にモデルとしてのキャリアをKate Moss(ケイト・モス)の事務所で本格的にスタートさせたようだ。今回はその彼が所属する新鋭スケートレーベル〈Palace(パレス)〉より、〈Reebok CLASSIC(リーボック クラシック)〉とのコラボフットウェアが登場。

前回から1年半振りの競演となる今回は、2013年12月にも1度リリースされた〈Reebok CLASSIC〉のフィットネスシューズWORKOUTをベースに採用したホワイト、ブラック、グレーの3型がラインアップ。先日公開されたティーザーからも確認できる通り、ブランディングを施したシューレースや鮮やかなパイピング、シュータン部分に配した両者のアイコンロゴなど、懐かしの色合いに包まれたインパクトたっぷりな1足に仕上がっている。〈Palace〉x〈Reebok CLASSIC〉のタッグによる新作WORKOUTは、2月23日(現地時間)より旗艦店およびオンラインストアにて発売開始予定なので、しばしリリースの合図を待つとしよう。

ちなみに、スニーカーヘッズ待望の伝説的フットウェアAir Jordan 1に迫った長編ドキュメンタリー映画が誕生したのはご存知?