Paul Smith × Leica コラボ第2弾 Leica CL “Edition Paul Smith” がリリース

ファッションブランド〈Paul Smith(ポール・スミス)〉からドイツの高級カメラメーカー「Leica(ライカ)」とのコラボレーション第2弾となるLeica CL “Edition Paul Smith”がリリースされる。

2016年にPaul Smith氏が手がけた世界に1台のLand Rover Defender(ランドローバー ディフェンダー)からインスピレーションを得た本モデル。ブラックレザーを基調に、カメラのトップパネルにはブルー、カメラ下部には同ブランドの象徴であるマルチストライプを配色。ファインダー上部の目のイラストや、液晶ディスプレイ上部の“look and see”のフレーズなど、同氏による手書きデザインもあしらわれ、コラボモデルにふさわしい特別感溢れる一品となっている。ちなみにこのフレーズは彼の名言である “many people look, but often they don’t see(多くの人は見ているようで、見ていないことのほうが多い)”から引用したものとなっている。スペック面では、24メガピクセルセンサー、4Kビデオ録画機能、高速オートフォーカスが搭載され、通常モデルからの変更はなし。

こちらのLeica CL “Edition Paul Smith”は、現在〈Paul Smith〉のウェブサイトにて発売中。価格は60万5,000円(税込)となる。全世界900台限定となっているので、気になる方は早めのチェックを。

『HHHYPE』がお届けするその他テック関連の情報もお見逃しなく。