小木“POGGY”基史が Hamilton Ventura のコラボレーションモデルを世界500本限定リリース

『2G』のオープンも記憶に新しい、日本ファッション界指折りのタレントである小木“POGGY”基史が、比類なきタイムピースを展開する〈Hamilton(ハミルトン)〉と手を組み、ファッションや音楽などカルチャーシーンのカリスマたちを魅了し続けてきたVentura(ベンチュラ)のコラボレーションモデルを世界500本限定で発売する。

Venturaは、世界初の電池式時計という革新的な機構に加えて、“キング・オブ・ロックンロール”の異名を持つElvis Presley(エルヴィス・プレスリー)が愛用していたモデルとしても知られている。また、POGGYにとってもVenturaは特別な思い入れのある一本で、同氏が10代や20代の頃、古着屋のお洒落な人や、ロカビリーやパンクの先輩たちが身につけていたことに羨望の眼差しを向けていたそうで、クラシックとストリートの絶妙なミックスを打ち出す彼のアプローチと、ファッションにも大きなパラダイムシフトを起こしたElvisのスタイリングは、違和感なくシンクロする。

POGGYは、近未来的でアシンメトリーなデザインのVenturaをオールブラック/ネオンピンクで配色。1957年に誕生した初代モデルのキーカラーであったブラックをベースに、ケースからストラップまで、外観は艶感のあるオールブラックでコーディネート。そして、Elvisが自主制作盤を作る際に仕立てたと言われているピンクのスーツから着想を得て、インデックスやストラップのバックサイドにはネオンピンクを差し込み、上品な主張を感じさせる一本へと仕上げている。

POGGYの造詣の深さをもとに、Venturaの過去と現在とを掛け合わせたVentura POGGYTHEMANは、『ハミルトン オンライン ブティック』および『ハミルトン ブティック 東京 キャットストリート』にて販売中。価格は、11万1,000円(税抜)。

『2G』の誕生秘話やファッションとアートの親密性を語るPOGGYのインタビュー記事もお見逃しなく。