ポルシェよりステーションワゴンタイプのパナメーラ新型モデルが登場

日本でもお馴染みのドイツを拠点とする高級車メーカー「Porsche(ポルシェ)」が、3月7日(現地時間)よりスイスで開催される「ジュネーブ・モーターショー2017」にて「パナメーラ」シリーズの新ボディバリエーションとなる「Panamera Sport Turismo(パナメーラ スポーツ ツーリスモ)」を初公開することを発表。そのワールドプレミアに先立ってそのビジュアルと概要が明らかとなった。

ステーションワゴン車のようなシルエットが特徴的なこの「Panamera Sport Turismo」は、「パナメーラ」としては初めて3名掛けのリアシートを標準装備。パワートレインには通常のセダンタイプの「スポ-ツサルーン」モデルに搭載される5つのエンジンが用意され、「4」・「4S」・「4 E-Hybrid」そして最上位モデルとなる「Turbo」の計5モデルがラインアップしている。まずは公開されたばかりのそのコンセプトビデオを上のプレイヤーからチェックしてみよう。