韓国発の気鋭ブランド POST ARCHIVE FACTION が2020年春夏シーズンのルックブックを公開

2018年に誕生した韓国・ソウル発の新鋭ストリートレーベル〈POST ARCHIVE FACTION(ポスト アーカイブ ファクション/以下、PAF)〉が、2020年春夏シーズンに向けた最新コレクションのルックブックを公開した。

3シーズン目となる本コレクションはシンプルに“3.0”と名付けられ、ブランドの進化を静かに物語っているのかもしれない。ブランド設立当初から変わらないテーマである“脱構築”と”解体”に焦点を当てた最新ウェアの数々が登場。パーカー、ジャケット、カーゴパンツ、キャップ、そしてフットウェアからなるそのラインアップは、本来のストリートウェアやワークウェアが持つシルエットを、アシメトリックなテーラリングで再構築、既存のアパレルとは全く異なる近未来的かつ立体的な仕上がりとなっている。

そんな〈PAF〉特有の反骨精神あふれるデザイン美学が色濃く反映された最新コレクションのヴィジュアルを、上のフォトギャラリーより確認してみては如何だろうか。

あわせて、世界的メゾンから韓国内の新鋭ブランドまで幅広いセレクトが光る2020年春夏ソウル・ファッションウィークのオフランウェイの様子もチェックしておこう。