PRIMALCODE が2019年秋冬シーズンの最新ルックビジュアルを公開

ブランド独自のフィルターを通した音楽やアートなどを落とし込んだスタイルを提案する日本発のファッションブランド〈PRIMALCODE(プライマルコード)〉が、2019年秋冬シーズンの最新ルックビジュアルを公開した。シーズンテーマは“A-CHANGIN’”。

2019年秋冬コレクションの着想源は、1964年にアメリカでリリースされたBob Dylan(ボブ・ディラン)による名曲“The Times They Are A Changin‘”。曲がメッセージとして伝える「時代は移り変わり、そして繰り返されるのだから、固定概念を捨てなさい」という想いをトレンドの移り変わりの早いファッションに置き換えてデザインし、自由で新たなスタイルを表現。1960年代当時のウエスタン、ワーク、ミリタリーウェアなどから着想を得たテキスタイルや縫製仕様、ディティールなどの古き良き魅力を残しつつ、当時には無いカラーや計算しつくされたパターン技術によって生まれるシルエットを組み合わせる手法でコレクションを色付けている。

〈PRIMALCODE〉の2019年秋冬コレクションアイテムは8月24日(土)より随時販売開始。『HHHYPE』がお届けするその他の最新ファッション関連ニュースの数々もお見逃しなく。