ラフ・シモンズが CALVIN KLEIN のクリエイティブオフィサーを退任することに

2018年も残すところ数日であるが、ここにきてファッション業界を揺るがすビッグニュースが飛び込んきた。デザイナー、Raf Simons(ラフ・シモンズ)が〈CALVIN KLEIN(カルバン クライン)〉での職を離れることが確定した模様。

Simonsは2016年8月に同ブランドのチーフクリエイティブオフィサーに就任、2017年2月に初コレクションを発表。3年契約となるSimonsは、2019年夏の契約更新まで残り8ヶ月あるが、『Business of Fashion』によると、ブランドの新たな方向性がSimonsのクリエイティブビジョンとなるため、両者は友好的に袂を分かつことを決めたとのこと。

先日、〈CALVIN KLEIN〉の親会社である「PVH Corp.(フィリップス・バン・ヒューゼン)」は、Rafの手がける〈CALVIN KLEIN〉は“ファッション的にも価格帯的にもやり過ぎた”とRafの先鋭的なデザインと高価格が商業的な不調に繋がっているとし、その方向性を修正する旨をコメント、同時にSimonsの進退を危ぶむ声も囁かれていた。また、2019年秋冬ニューヨークファッションウィークにてコレクションを発表しないことも明かした。現在のところ、Raf Simonsの後任は発表されていない。

『HHHYPE』がお届けするその他のファッション情報もお見逃しなく。