日本の転売市場を担うラクマの検索キーワード2019年上半期ランキングが発表

ストリートカルチャーの発展と共に、転売という行為が市民権を得ていることは周知の通りだろう。そして、日本の転売市場の受け皿となっているのは『ヤフオク』『メルカリ』『ラクマ』といったフリマアプリ。『HHHYPE』読者の方であれば一度は利用経験があるのではないだろうか。なかでも『ラクマ』はその手数料の安さから利用者が急増。転売を生業とする“転売ヤー”なる人々がこぞって参入し始めている。運営会社の「楽天株式会社」がそんな『ラクマ』の検索キーワード2019年上半期ランキングを発表した。

1位はストリートウェアのアイコン的ブランド〈Supreme(シュプリーム)〉。週末のドロップに並ぶ長蛇の列は原宿界隈ではおなじみの光景となっている。2位はその〈Supreme〉の定番コラボレーターであり、近年爆発的に支持率が上昇している〈THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)〉。そして、4位に〈Vetements(ヴェトモン)〉、5位に〈Gucci(グッチ)〉、7位に〈Nike(ナイキ)〉と、トップ10内にファッションブランド名を含むキーワードが5つ登場。近年は注目度の高いアイテムに対し、抽選販売を導入する店舗が多く、もはや定価でHYPEなプロダクトを入手することが難しくなっている。こういった状況から、購入の第1選択肢としてフリマアプリを利用している消費者も少なくはないであろう。ランキングの詳細は以下よりご確認を。

1位 Supreme
2位 ノースフェイス
3位 iPhone
4位 vetements
5位 ドラゴンボールヒーローズ
6位 GUCCI
7位 NIKE スニーカー
8位 ワンピース
9位 ピアス
10位 iPhone X

・集計期間: 2019年1月1日~2019年5月31日
・集計方法: 「ラクマ」内のキーワード検索数を集計

『mita sneakers(ミタスニーカーズ)』の“デジタルドレスコード”はチェック済み?