ラルフ・ローレンの半生を振り返るドキュメンタリー映画『Very Ralph』のトレーラー映像が公開

『Game of Thrones(ゲーム オーブ スローンズ)』『True Detective(トゥルー・ディテクティブ)』といった大ヒット作品を生み出した米有料ケーブルテレビ放送局「HBO」が、アメリカを代表する世界的ファッションデザイナー Ralph Lauren(ラルフ・ローレン)に迫るドキュメンタリー映画『Very Ralph』を製作。去る7月から同作を予告していたが、そのトレーラー映像が遂に公開となった。

John Lennon(ジョン・レノン)やSteven Spielberg(スティーブン・スピルバーグ)監督をはじめとする著名人たちのドキュメンタリーを手がけてきたアメリカの映画監督/プロデューサー Susan Lacy(スーザン・レイシー)がメガフォンを取った本作。ニューヨーク・ブロンクスで過ごした幼年期を始め、1967年に創業した自身の名を冠にしたブランド〈Ralph Lauren(ラルフローレン)〉の誕生秘話、そして“アメリカンプレッピー”を象徴する世界的ファッションブランドとなった現在まで軌跡に迫るという。

また、ブランドのアーカイブ映像から家族や自宅などのブライベート、仕事におけるパートナー、親交のある著名人のインタビューまでを収録。そのインタビューには、37年に渡り〈Chanel(シャネル)〉を牽引してきた故Karl Lagerfeld(カール・ラガーフェルド)を筆頭に、米『Vogue』誌の編集長を務めるAnna Wintour(アナ・ウィンター)、1990年代から活躍するスーパーモデルのNaomi Campbell(ナオミ・キャンベル)らが登場し、Ralph氏のキャリアと人物像について語っている。

Ralph Laurenの半生とその壮大なる功績を掘り下げる『Very Ralph』は、11月12日(現地時間)より「HBO」チャンネルにて放映される予定。残念ながら、日本国内での配信については不明な現状。まずは、上のフォトギャラリーからその予告編をご覧になってみてはいかがだろうか。

『HHHYPE』がお届けするその他最新のファッション情報もお見逃しなく。