Rare Panther が MADE in U.S.A. にこだわった2018年春夏コレクションを発表

“ネオアメリカ”をコンセプトに掲げるロサンゼルス発のクロージングライン〈Rare Panther(レア パンサー)〉が、2018年春夏ルックブックを公開した。

2013年春夏の“Act00”からスタートし、“Act11”として発表された本コレクションは、クオリティーに重点を置き、アメリカ国内で生産されたヘビーウェイトのカットソー類を中心に、サイドにブランド名のテーピングをあしらったトラックスーツ、バスケットボールジャージ、メッシュショーツ、コーチジャケット、ヘッドウェアやショルダーバッグなど、ストリートの定番アイテムがラインアップ。デザイン面では1990年代〜2000年代初頭のクラシックなストリートウェアにインスパイアされ、ブランドの標語“World Gone Rare”やパンサーと稲妻のシンボルを用いたグラフィックが各ピースに映える。

各アイテムはブランドのオンラインストアにて購入可能なので、まずは上のフォトギャラリーからオールドスクールな雰囲気が漂うルックブックをチェックしてみよう。

次世代を担う東京ストリートレーベル〈LOOPY HOTEL(ルーピー ホテル)〉の2018年春夏コレクションや、永井博をゲストアーティストに招聘した〈MAGIC STICK(マジック スティック)〉の“LAID BACK SUMMER COLLECTION”など、その他の最新ファッションニュースもあわせてご確認を。