Reebok CLASSIC が90年代のレトロスポーティーな香り漂う AZTREK 計3色を復刻

〈VAINL ARCHIVE(ヴァイナル アーカイブ)〉との日本発コラボプロジェクトでも世界中からの注目を集めた〈Reebok CLASSIC(リーボック クラシック)〉より、1993年にランニングシューズの最上位パフォーマンスモデルとして登場したAZTREK(アズトレック)のオリジナルカラーモデルが計3モデル登場。 1月19日(土)より発売開始となる。

〈Reebok〉のラインアップを見ても数々の人気を博した名作が生まれ、現在トレンドとして見直されている1990年代。〈Reebok CLASSIC〉はその1990年代をテーマとした動きを現在見せており、2018年末にはロゴを1990年代当時のものである“ベクターマーク”に刷新。そしてその1990年代を強く訴求する1stプロダクトとして、AZTREKがこの度発売を迎える。

AZTREKは2018年秋冬シーズンにオリジナルカラーモデルを2色発売したが、今回は更に3色が追加される形で復刻。オフロード対応の多目的モデルであったAZTREKは当時としては非常に斬新であったダイヤ型のスタッズアウトソールをはじめ、独自の軽量クッショニング素材Hexalite(ヘクサライト)を搭載。リフレクター素材やサポートパーツなどといった独自のディテールが散りばめられ、クラシカルなボリューム感のあるシルエットやレトロなネオンカラーの配色が目を引く1足に仕上がっている。

今回の3色はともに1月19日(土)より、価格は11,880円(税込)で発売開始。2019年はアイコニックモデルの周年企画やさらなる復刻、コラボレーションなどといったトピックが控えているようなので、〈Reebok CLASSIC〉の動向から目を離さないようにしよう。

その他の最新スニーカーニュースの数々もお見逃しなく。