Reebok CLASSIC より2000年発売の名作シューズ DAYTONA DMX がオリジナルカラーで復刻

精力的なコラボレーション展開や新作アイテムでストリートシーンにおいても市民権を得る〈Reebok CLASSIC(リーボック クラシック)〉。ブランド独自のクッショニングテクノロジーであるDMX Moving Air Technology(ディーエムエックス・ムービング・エア・テクノロジー)を搭載した“DMX”はそのラインアップの中でも特に高い人気を誇る人気ハイテクスニーカーシリーズだが、今回は2000年に誕生したDAYTONA DMXがオリジナルカラーで復刻リリースを迎える。

ソールに搭載されたエアポッドによって、足が地面に接するたびに空気が圧縮、エアポッド内の空気が異なるゾーンの間へと押し込まれ、優れた安定性とクッション性を生み出すDMX Moving Air Technology。2000年に“DMX”シリーズ史上初めてエアポッドをミッドソールの中に埋め込んだモデルとして誕生したDAYTONA DMXは、異なる素材をアッパーに組み合わせて使用することにより、トーンのまとまった多色デザインと近年のトレンドでもある“ダッド感”が程よく反映されたタイムレスな空気感を放つ1足に仕上がっている。

注目の復刻リリース日は2018年7月13日(金)で価格は15,000円(税抜)。〈Reebok〉のオンラインストアや『Reebok Classic Store』をはじめ、複数のリテーラーにおいても取り扱われる予定なので、気になる方は下から問い合わせてみて欲しい。

『HHHYPE』がご紹介するその他のフットウェア関連トピックの数々もお見逃しなく。

[問] リーボック アディダスグループお客様窓口
Tel:0570-033-033 (平日、9:30 – 18:00)