ダブリン出身の注目新鋭ラッパー Rejjie Snow による初の単独来日公演が決定

高評価を得た2018年リリースのデビューアルバム『Dear Annie』で世界に改めてその実力を示したアイルランド・ダブリン出身の新鋭ラッパー・Rejjie Snow(レジー・スノウ)が、2019年9月2日(月)に初の単独来日公演を東京・渋谷の『WWW X』で開催することが明らかとなった。

現在はイギリス・ロンドンを拠点に活動するRejjie Snowは、メロウかつリズミカルなサウンドとチルなフロウを武器に注目度急上昇中の気鋭ラッパー。2013年には、Loyle Carner(ロイル・カーナー)も参加したEP『Rejovich』をリリースし、2015年にはMadonna(マドンナ)のツアーオープニングアクトに抜擢。翌2016年に発表された“D.R.U.G.S.”は、『YouTube』で約750万回再生(本稿執筆時点)され、その後リリースされたシングル“Pink Beetle”も「BBC Radio 1」のAnnie Mac(アニー・マック)に世界で最もホットな楽曲として挙げられるなど、業界関係者からの注目度も高め。そして昨年2018年、プロデューサーにRahki(ラキ)を迎えたデビューアルバム『Dear Annie』をリリースして大きな話題を呼んだことも記憶に新しい。

そして今回発表されたそんな次世代を担う注目のラッパー、Rejjie Snowによるファン待望の初単独来日公演。先行チケット販売は、4月23日(火)18時より「Live Nation」メンバー限定でスタートされ、一般発売は、5月18日(土)10時からは、チケットぴあ、イープラス、ローソンチケットにても発売開始。気になる方は公演概要も含めてこちらより詳細を確認しておこう。

『HHHYPE』がご紹介するその他の音楽関連ニュースの数々もお見逃しなく。