畠山千明が纏う ReStyle Plus の新たな試み “ANTI EASY” -FUTURE-

東京ファッションシーンを牽引してきた裏原世代やネットを駆使しムーブメントを起こす新世代など、幅広い客層に向けた実験的キャンペーンで心を掴む『伊勢丹新宿店』。そんな同館3階=インターナショナルクリエーターズに位置する先鋭的なモードと独創的なクリエーションを放つ国内外のブランドを集結させたセレクトショップ『ReStyle Plus』が、“誰もが簡単に情報や物質が手に入れられる世の中で、店舗にわざわざ足を運び、モノに直に触れて人と話すことや身に付けてみることでしか得ることのできない、モノが生まれるストーリーや高揚感などのエモーショナルな価値を提供したい”という信念を込めた、特別キャンペーン“ANTI EASY” -FUTURE-を3月6日(水)より開催する。

“ファッション=衣服”という固定観念に留めず、境界線を越えて新しいスタイルを追求する女性をターゲットに設定した本企画は、あえて簡単ではない価値=ANTI EASYをテーマに、毎回異なるキーワードとともにファッションの在り方を提唱するプロジェクトである。そんな今回は、持続可能性を意味する“サスティナブル”をキーワードに、通常廃棄されるものをクリエーションによって再生可能/持続可能な価値へと変えていくことに挑戦。本稿では一度見たら忘れないエッジィなルックスで注目を集める畠山千明をモデルに迎え、デザイナーやクリエーター集団と協業し、廃棄品やデッドストック素材をリクリエーションリメイクした逸品に迫ってゆく。

今回の“ANTI EASY Vol.3”に参加したのは、〈Ksenia Schnaider(クセニア シュナイダー)〉、〈CHRISTIAN DADA(クリスチャン ダダ)〉、〈FACETASM(ファセッタズム)〉、〈ayâme(アヤーム)〉、〈BASSCOUTUR(バスクチュール)〉、そして〈kudos(クードス)〉や〈MARQUES’ALMEIDA(マルケス・アルメイダ)〉などをリメイクしたクリエーター集団「HACKED by」など、ファッションに対し飽くなき好奇心を持つ女性が認める個性派ブランド/クリエーター。見たことのないレイヤードや異素材使い、カッティング、シルエット感など、廃棄品やデッドストック、残反などを使い新しいデザインとして昇華したアイテムの数々は、どこか古着のようなワクワク感を掻き立ててくれる。まずは上のフォトロールより、“it girl”畠山千明の魅惑の表情とこれぞエクスクルーシブと言える逸品をチェックしてみてはいかがだろうか。

また、現在『ReStyle Plus』の公式Instagramにてプレゼントキャンペーンも実施中なので、こまめにチェックしておくとしよう。

ReStyle Plus “ANTI EASY” -FUTURE- @伊勢丹新宿店本館3階=センターパーク/プロモーション
会期:3月6日(水)- 同月12日(火)
住所:東京都新宿区新宿3-14-1
Tel:03-3352-1111(大代表)