Richardson より2019年秋冬シーズンの3rdデリバリーアイテムが登場

1998年に創刊されたアメリカ・ニューヨーク発のアート/ポルノマガジン『Richardson(リチャードソン)』は、“セックス”をテーマとした挑戦的な誌面内容はもちろんのこと、その独自の感性から生み出されるオリジナルアパレルラインも熱く支持されている。そんな『Richardson』から、最新コレクションとなる2019年秋冬シーズンの3rdデリバリーアイテムが登場。

今回のドロップには、秋冬にふさわしい計3型のアウターウェアがラインアップ。溶接工のワークウェアをリデザインしたというジャケットはシンプルなデザインながらも、裏地にシェルパ素材、襟部分にはムートン素材が配され、高い防寒性と快適な着心地を実現している。ミリタリーグリーンとダークグレーの2色で展開されるダウンライナーは、バックにブランドロゴがプリントされ、ミリタリーの雰囲気漂うデザインに。さらに、ピンクとイエローのネオンカラーで彩られるキルティングベストは、アウターとインナーの両方で使用でき、寒い季節に遊び心ある重ね着に最適のアイテムに。そのほかにも、ダウンライナーと同様のロゴがプリントされたサーマルや、2ndデリバリーに登場したドロップショルダーとラグランスリーブが組み合わされたスウェットなどが今回のドロップに並ぶ。これらの最新プロダクトは、現在『Richardson』の公式ウェブサイトにて販売中。

『HHHYPE』がお届けするその他最新のファッション情報もお見逃しなく。