Rick Owens よりボンデージからインスピレーションを得たスニーカーが登場

2019年10月に、フランス発のシューズブランド〈VEJA(べジャ)〉をパートナーに迎えてリリースしたフットウェアが話題となった〈Rick Owens(リック・オウエンス)〉。常に革新的なデザインを追求してきた同ブランドから、ボンデージからインスピレーションを得たという新作のスニーカーが登場。

本プロダクトは、スムースレザー、スエード、ラバー、コットンといった異素材を組み合わせ、さまざまな複雑なディテールで構成されている。幾何学的な形のタンには薄いキャンバス地のタブが縫い付けられ、また、足首のクッション性を高めるために、ヒールステイの位置をタンと同じ高さに合わせているのもポイント。 シルバーのアイレットフックは、ヒールカウンターやトゥ部分にも配置され、アッパー部分をボンデージのように覆い尽くすシューレースの位置をキープする。 鋸歯状のアウトソールも目を引くアクセント。挑戦的なデザインでありながらも、ベージュを基調とした柔らかいトーンのカラーリングで統一されているため、上品な印象を与える1足に仕上がっている。

Rick Owens Maximal Runner Beigeは、現在『LN-CC』で販売中。価格は1,000ドルとなる。本稿執筆時点では、日本での展開は確認できていないが、気になる方は続報を待とう。

〈Maison Margiela(メゾン マルジェラ)〉の2020年春夏コレクションの新作フットウエア、エアソールを装着したGerman Trainer(ジャーマントレーナー)はもうチェック済み?