Rihanna がアメリカの国民的行事である NFL スーパーボウルへの出演を拒否していたことが判明

人気アーティストのRihanna(リアーナ)が、2019年2月に開催される「第53回スーパーボウル」のハーフタイムショーへの出演を断っていたことが判明。

「Us Weekly」の最新レポートによると、Rihanna(リアーナ)は、NFLから事実上追放される形となったColin Kaepernick(コリン・キャパニック)を支持しているため、ハーフタイムショー出演のオファーを断ったとのこと。Colin Kaepernickについては『HHHYPE』でも度々お伝えしているが、元サンフランシスコ・49ersのクォーターバックであり、有色人種に対する差別や警察の暴力に抗議するため、試合前の国歌斉唱中に起立することを拒否する“Taking A Knee”というムーブメントを起こした人物である。リーグは2018年5月に国歌斉唱中にひざまずく行為を全面禁止に。Kaepernickは2017年3月に49ersとの契約満了後、現在までにどのチームとも契約に至っておらず、抗議行動を理由に各チームのオーナーたちが契約を拒んでいるとしてリーグ側を提訴していた。そしてRihannaはこの一件に対するNFLのスタンスに賛同していない模様。

「スーパーボウル」のハーフタイムショーといえば、これまでにも世界中の名だたるアーティストが出演し世界有数の一大イベントとして知られる。その出演オファーとなれば、いちアーティストにとって名誉なことであるのは間違いないが、Kaepernickが出演する〈Nike(ナイキ)〉のCMメッセージ(“何かを信じろ。たとえそれが全てを犠牲にするとしても”)の通り、Rihannaも己の信念に従ったのであろう。

Colin Kaepernickを起用した〈Nike〉キャンペーンについては、こちらより詳細をご確認を。