創設者エンツォ・フェラーリが遺した究極のマシン Ferrari F40 がオークションに登場

世界最大の自動車オークションハウスのリーダーとして業界を牽引する「RM Sotheby’s(RMサザビーズ)」が新たにそのリストに加えた「Ferrari(フェラーリ)」社製の伝説級の名車、“Ferrari F40”をご紹介。

「Ferrari」が誇るラインアップの中でも“究極”とする声も高いF40は、1987年に同社が創業40周年を記念して製作したリアミッドシップ/後輪駆動の2シータースポーツカー。「Ferrari」創始者であるEnzo Ferrari(エンツォ・フェラーリ)が生涯最後に手掛けた1台としても根強い人気を誇り、その公称最高速度は時速324km、発売当時は世界最速の市販車としてシーンに登場した自動車史に残る名車中の名車だが、今回オークションにかけられるのは1992年にドイツ国内で生産された欧州スペックの1台。0-96km/hが4.1秒、搭載されたV8ツインターボエンジンが478馬力(hp)を実現(実際には500馬力以上を誇っていると主張する専門家もいる)、ボディには当時流行であったカーボンファイバー素材などといった軽量素材がふんだんに使用され、その重量は現行の488モデルと比べて450kg以上軽い1,100kg(乾燥重量)。リペア歴は1回のみとのことで、状態は極めて良いということができるだろう。更に新たなオーナーとなった方にはオリジナルのマニュアルや、保証カード、2本セットの鍵、ビンテージのレザーバッグセットもプレゼントされるとのこと。

まずはとにかく自動車マニアならずとも必見のそのFerrari F40をチェックしてみよう。オークションはパリにて2月7日(現地時間)にスタートする予定で、落札価格は85万ユーロ(約1.16億円)から95万ユーロ(約1.3億円)ほどになるのではないかと現在予想されている。

その他『HHHYPE』がお伝えしてきた乗り物関連ニュースの数々も併せてチェック。