ハリウッドスターのロバート・ダウニー・Jrが購入した1970年産の Ford Mustang Boss 302 をチェック

米経済誌『Forbes(フォーブス)』が2017年夏に発表した(本稿執筆時点で)最新版の“世界で最も稼ぐ俳優ランキング”では、年収4800万ドル(約52億4000万円)という数字のもとに見事6位にランクインしたハリウッドスター、Robert Downey Jr.(ロバート・ダウニー・ジュニア)。映画『アイアンマン』や『アベンジャーズ』シリーズでお馴染みの彼だが、今回はそんな一流スターが手に入れた新たな“オモチャ”をご紹介。

現在53歳のアイアンマンがゲットしたものとは、1970年に生産された「Ford(フォード)」社が誇る傑作ヴィンテージマッスルカーのMustang(マスタング)Boss 302。生産から50年以上が経過しているとはいっても、この1台は米ウィスコンシン州・ミルウォーキー郊外を拠点とするカービルダーの「SpeedKore」によって生まれ変わったもの。一旦あらゆるパーツが引き剥がされ、カーボンファイバー素材のボディと5リッターV8気筒エンジン搭載することによって667馬力ものパワーを誇るマッスルカーに変貌。ボディに用いられた渋めなライトブラウンとブラックのカラーコントラスト、新車に見紛う洗練されたインテリアがまさに一流セレブリティにぴったりなその1台となっている。

一般人にとっては夢でしかないその温故知新なハリウッドクラスの1台は上のフォトギャラリーからご確認を。『HHHYPE』がご紹介するその他のクルマ関連トピックの数々もお見逃しなく。