ロジャー・フェデラーが宿敵ナダルを破り上海マスターズ優勝

10月15日(現地時間)に中国・上海にて開催された「上海マスターズ(2017 Shanghai Rolex Masters)」シングルス決勝にて、大会第2シードのRoger Federer(ロジャー・フェデラー)とRafael Nadal(ラファエル・ナダル)が対決。結果としてFedererが6-4/6-3のストレートでナダルを破って今シーズン6度目のツアー優勝、キャリア通算94勝目をあげた。

過去の対戦成績では14勝23敗と負け越すFedererだったが、本試合では序盤から攻めに出たFedererがNadalを圧倒。1度のブレークポイントも与えずして試合の主導権を握り続け、Nadalが狙っていた同大会初優勝を阻止して、1時間12分と頂上決戦にしては短い試合時間で今シーズン6度目となるその勝利を決めた。Federerはその決勝戦を振り返って以下のようなコメントを残している。

「昨夜は試合が長引いたから、決勝では早い段階で壁にぶつかるだろうと推測していたんだ。でも自分でも驚くほど試合前はリラックスしていたよ。それは僕が自分の頭の中でどんな風に試合を進めていきたいかクリアにすることができていたから。リラックスしながらも自分のプレーが発揮できたと思うよ」

併せて、Roger Federerと“バスケの神様”ことMichael Jordan(マイケル・ジョーダン)の偉大なアスリート2人によるコラボテニスシューズ、NikeCourt Zoom Vapor RF x AJ3の最新モデルをチェック。