3代目ジェームズ・ボンド役で知られる英俳優ロジャー・ムーアが逝去

1962年にその第1作が公開され、現時点では計24作品となっている世界中の映画ファンから愛されるスパイアクション映画『007』シリーズ。その『007』シリーズにおいて1973年公開の『007 死ぬのは奴らだ』から1985年公開の『007 美しき獲物たち』まで、計7作品で凄腕色男スパイ、James Bond(ジェームス・ボンド)役を演じたイギリス・ロンドン出身の俳優、Roger Moore(ロジャー・ムーア)が亡くなったことが判明。彼の家族がTwitterにて発表したコメントによると、その主たる原因は癌であり、スイスにある自宅において亡くなったとのこと。89歳だった。

イギリス・ロンドン出身の彼は1950年代半ば頃からアメリカでの本格的な俳優活動をスタート。その後様々映画やTVドラマに出演し、スターダムへの階段を駆け上った。なお、私生活では計4度の結婚をしている。また、1991年にはユニセフ=国連児童基金の親善大使に就任し、2003年にはその活動が認められたこともあり“Knight(ナイト)”の爵位と“Sir(サー)”の栄誉称号が授与されている。