稀代のファンタジスタ ロナウジーニョが正式に引退を表明

Lionel Messi(リオネル・メッシ)やCristiano Ronaldo(クリスティアーノ・ロナウド)は、生まれながらにして世界最高のサッカー選手だったわけではない。2000年代前半は彼らの先輩にあたるフットボーラーたちが観衆を熱狂の渦に巻き込み、Pavel Nedvěd(パベル・ネドベド)、Andriy Shevchenko(アンドリー・シェフチェンコ)、Thierry Henry(ティエリ・アンリ)、Raúl González(ラウル・ゴンサレス)といった名手たちがピッチ上で凌ぎを削っていたのだ。

そんな中、誰よりもサッカーを楽しみ、見る者を楽しませる史上最高のエンターテイナーが存在した。元バルセロナ所属のブラジル人FW、Ronaldinho(ロナウジーニョ)。2005年のバロンドーラーであり、リーガ・エスパニョーラ、UEFAチャンピオンズリーグ、ワールドカップと欲しいタイトルを総ナメにしてきた稀代の魔法使いだ。そのラスト・ファンタジスタが正式に引退を表明。37歳になったガウショは、記者会見で「来年、フットボールに別れを告げることになる」とコメント。だが、「今後は音楽関係のプロジェクトとサッカー教室を立ち上げるつもりだよ」と、指導者やマネージャー職ではなく、いかにもRonaldinhoらしい未来を口にしてくれた。

常に自由かつ創造的にピッチを舞い続けたRonaldinho。最後に、下のプレーヤーから今一度彼の名プレーの数々を振り返ろう。

#PlayFree、笑顔と感動をありがとう。

『HHHYPE』がお届けするその他のサッカーニュースは、こちらから。