世界初の折りたたみ式スマートフォンが誕生

中国を拠点とする2012年設立の新興メーカー「Royole」が世界初となる折りたたみ画面を採用したスマートフォン、FlexPaiを発表。「Apple(アップル)」や「Samsung(サムスン)」といった市場をリードする巨大勢力を出し抜き、“世界初”の称号を得た同社であるが、スマートフォン業界では無名に等しく、元々は有機ELディスプレイ製造を中心としたメーカーである。

FlexPaiは、広げた状態で7.8インチのフレキシブル有機EL(1920×1440ドット)ディスプレイを装備しているが、閉じた状態では表面が810×1440、裏面が720×1440、側面が390×1440解像度の画面となる模様。カメラは有効1600万画素カメラ(広角)と有効2000万画素カメラ(望遠)のデュアル仕様。FlexPaiは現在「Royole」の公式オンラインサイトにて販売中、価格は128GBが1,588ドル、256GBが1,759ドルとなる。

「Apple」が2020年に5G対応の次世代iPhoneを発表するという噂はチェック済み?