Interviews:八村塁

NBAでのドラフト1巡目指名、バスケットボールの神様 Michael Jordan(マイケル・ジョーダン)率いる〈Jordan Brand(ジョーダン ブランド)〉との契約など日本人プレイヤーとして初となる偉業を21歳の若さで成し遂げた日本バスケ界の至宝、八村塁。1巡目9位でワシントン・ウィザーズに指名された際は、日本各地で号外が配られ、国内でその名を知らぬものは恐らくいないであろう日本のトップアスリートに駆け上がった。

8月31日(土)より開催される「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」に向けた日本代表国際試合のため帰国中だった八村選手。凱旋試合となったニュージーランド戦ではわずか27分の出場ながら35得点の大爆発。所属チームのウィザーズもその活躍ぶりを讃えた。今や各方面で引っ張りだこの八村選手は、本業の合間を縫って去る8月中旬に〈Jordan Brand〉の主催するトークショーに出演。抽選で選ばれたラッキーなファン数百人を前にドラフト時のエピソードや〈Jordan Brand〉アスリートとなった現在の心境を語った。そして、イベント終了後に我々『HHHYPE』は八村選手を直撃。短時間ではあったが現段階での貴重な独占インタビューに成功した。

幼い頃からずっとAir Jordanを履かれていたそうですが、Jordan Brandの数少ないメンバーの一員となった現在のご心境をお聞かせください。

そうですね、僕としても非常に嬉しいことで、ドラフトに引っ掛かったことと同じぐらいに嬉しいです。その理由としては小さい頃から僕が好きだったブランドで、高校2年生の時にJordan Brandが主催する“Jordan Brand Classic”というJordanのキャンプイベントに招待されて、Jordanのシューズとかを全部提供してもらいながら試合をするイベントなんですけど、そこでMichael Jordanにも実際に会って、そういう影響もあってJordanのブランド自体がすごい好きになりました。僕も高校時代は外ではJordanのシューズしか履いていなかったですし、大学でもJordanばっかり履いていたので、こういう風に契約できるとなった時に、ドラフトの前なんですけど、すごい嬉しくて、僕にとってすごい光栄なことでした。これからJordan Brandといろんなことをやるのが楽しみです。

今お話にも出ましたが、ワシントン・ウィザーズといえば、Michael Jordanがかつてプレーしたチームですね。ドラフト後にJordan本人にお会いされましたか?

会ってはないですね、その1回だけです。ただ、ドラフト前にJordan Brandの施設に行った際にJordanから直接電話をもらいました。急にJordan Brandの社員の人に渡された携帯を見たら、普通に“MJ”って書いてあって(笑)。「MJってあのMJですか?」って聞いたら「そうそう早く出て」みたいになって(笑)。電話をもらえるなんて知らなかったので僕も動揺しちゃって、「Welcome to Jordan family(ジョーダンファミリーへようこそ)」と言われたことしか覚えてなくて。他にも色々話してくれたんですけど「Thank you, Thank you」ぐらいしか出てこなくて「何か質問あるか?」って聞かれて「いやいやないです」みたいな感じでした(笑)。

Air Jordan 4がお気に入りと聞きましたが、オフコートで履かれてる現在のスニーカーのローテーションを教えてください。

最近は履いているのはJordan 1のローと……やっぱり夏なのでローカットが多いですね(笑)。あとは4も履いてますし、もちろん。やっぱり4は好きですね。あとは12とかですかね。

試合ではウェストブルック選手のシグネチャーをよく着用されていますよね。

はい、履いています。

ご自身のシグネチャーモデルを持つとして、どのような要素を重要視されますか?

僕はシンプルなものが好きなので、デザイン的にはもっとシンプルなシューズになるんじゃないかなと思います。あと履き心地の面では、僕はあまりハイカットが好きではないので、ローかミッドぐらいになるかなと思います。色とかはいろんなカラーがあったらいいなと思っています。

バスケを始められた中学生の時に好きだったNBAのチームや選手を教えていただけますか?

あ〜僕がバスケ始めた時に好きだった選手は、多分Carmelo Anthony(カーメロ・アンソニー)です。まだニューヨーク・ニックスにいた時ですね。

ちょうどニックスのエースとして活躍していた時期ですね。

はい、あの時すごい好きでした。

八村選手といえばドラフト時に着用されていたスーツがとても話題となりましたが、ファッションに対するこだわりを教えていただけますか。

そうですね、僕は大学に行くまでファッションとか全然興味なかったんですが、大学行ってから、アメリカ行ってからですかね。向こうに行って思ったのが、バスケってやっぱりバスケだけでなく、音楽とかファッションとかに密接に関わってくるスポーツだなということです。そこから結構ファッションにもこだわるというか、気にし始めて、そういうなかで、さっきシューズの話でも出ましたが、シンプルにするのが好きなので、カッコよさはキープしつつもシンプルにまとめるっていうのが僕のこだわりです。

練習中や移動中によく聴くアーティストや曲を教えてください。

その時のムードとかによってなんですけど、ラップを聴いたりR&Bを聴いたりいろんな音楽聴きますね。
※八村選手が自ら作成し公開されたプレイリストにはDrake(ドレイク)、Rihanna(リアーナ)、21 Savage(21サヴェージ)、J. Cole(J・コール)などの曲が含まれている

NBA選手の中にはラップのアルバムをリリースしたり、自分のブランドを立ち上げる人も多いですが、この先バスケット以外で挑戦してみたいことはありますか?

そうですね、ラップはわからないですけど、僕は音楽を自分でやるとかは思ったことがなくて(笑)。ファッション系では何かできればと思っています。