八村塁のハロウィンコスチュームを採点

10月23日(現地時間)のダラス・マーベリックス戦でNBAデビューを飾った八村塁。開幕から3戦ではあるが、全試合で二桁得点を達成し、現在のところ1試合平均16.3得点、7.7リバウンド、1.7アシストと、主力のJohn Wall(ジョン・ウォール)を欠くチームにおいて主力としての役割を担っている。

さて、アメリカでもハロウィンに差し掛かり、今年も各選手がおもいおもいのコスチュームを着て会場入りをする姿がクローズアップされている。ルーキーの八村選手も早速その習慣にトライしてみたようだ。

ハロウィン定番といえるスケルトンの全身タイツに、MLB ワシントン・ナショナルズのキャップと自身の名前と背番号8番の入ったベースボールシャツを上から羽織ってアリーナ入りする八村選手。足元には〈Jordan Brand(ジョーダン ブランド)〉のアスリートらしく近日発売予定のAir Jordan 1 Low React “Fearless” by Ghetto Gastroをいち早くチョイスしていた。例年、手の込んだ仮装を仕込む先輩方がいるなか、飾らない21歳の若者の直球勝負といったコスチュームであるが、現在、初のワールドシリーズ制覇を目指し最終第7戦まで持ち込んだ地元チームのナショナルズをしっかりと応援している点は◎

バルサに移籍したいというKevin Durant(ケビン・デュラント)はチェック済み?