注目アーティストのラッセル・モーリスとルーカス・ディロンが日本で2度目となる展示会を開催

ストリートの人気レーベル〈Gasius(ガシアス)〉を手掛け、現在東京を拠点に活動するイギリス人アーティスト・Russell Maurice(ラッセル・モーリス)と、アイルランド・ベルファスト出身、ロンドンをベースに活動するアーティスト・Lucas Dillon(ルーカス・ディロン)が東京にて2度目の展示会を開催する。RussellとLucasの両者は昨年一晩限りの展示会を東京にて実施しており、前回はアニメや漫画をベースに作品を披露した。今回のエキシビションは“Slow Vibration Atom(ゆっくりと振動する原子)”と題され、スカルプチャーやペインティング、ドローイングといった技法を用いながら両者が絵画の先にあるものを追求し、“喪失”と“発見”について論ずる作品の数々が展示されるとのこと。展示会は9月16日(土)〜30日(土)まで行われるのでこの機会をお見逃しなく。

Russellの作品アーカイヴはこちら、Lucasの作品はこちらのウェブサイトよりチェックしよう。

Slow Vibration Atom
会期: 2017年9月16日(土) 〜9月30日(土)
レセプション: 9月15日(金)19:00〜22:00
時間: 12:00〜19:00 (日曜日、月曜日休廊)
会場名: CALM & PUNK GALLERY
住所: 東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル 1F