sacai が日本発のアイウェアブランド Native Sons とタッグを組んだコラボサングラスを発表

デザイナー 阿部千登勢の手がける〈sacai(サカイ)〉が、先日立ち上がった2019年秋冬コレクションより、アイウェア・アクセサリーブランド〈Native Sons(ネイティブ サンズ)〉とのコラボサングラスを発表する。

〈Native Sons〉はTommy O’Gara(トミー・オガラ)による日本発のブランド。最高品質の素材を用いて、一点一点ハンドクラフトされるプロダクトは長年に渡って愛用できるクオリティとデザインが魅力。今回のコラボレーションでは、スクエア、ラウンド、キャットアイスタイルからなる計3型が、ブラック、ブルー、ブラウンの各3色で展開され、いずれもユニセックス仕様となる。ブラックとネイビー、クリアブルーとべっ甲柄といった具合にカラーの異なる2種類の素材を貼り合わせたフレームが〈sacai〉の持つハイブリッドの美学を体現。また全てのプロダクトにおいてバタフライクリップが付属するクリップスタイルもラインアップされる。Jonas GlöerとJulia Nobisをモデルに起用したキャンペーンはフォトグラファー Craig Mcdean(クレイグ・マクディーン)、アートディレクター Fabien Baron(ファビアン・バロン)が手がけている。

〈sacai〉x〈Native Sons〉のコラボサングラスは、8月31日(土)より国内の〈sacai〉直営店および〈Native Sons〉取扱店にて限定発売。海外店舗では9月下旬より順次展開開始となる。価格は3型全て38,000円、クリップオンスタイルは58,000円(税別)となる。

『HHHYPE』がお届けするその他最新のファッション情報もお見逃しなく。