sacai がサステイナブルを掲げる日本のベンチャー企業 Spiber とタッグを組んだTシャツをリリース

デザイナー 阿部千登勢の手がける〈sacai(サカイ)〉から、サステイナブルな新素材を開発する日本のベンチャー企業「Spiber(スパイバー)」とチームアップしたTシャツ2型が登場。

「Spiber」は、山形県鶴岡市に拠点を構え、持続可能な社会の実現に向けて様々な取り組みを行う企業。今回は、そんな同社の誇る素材 Brewed Protein™️(ブリュード・プロテイン)をブレンドした生地をプロダクトに使用している。ちなみにBrewed Protein™️とは、主原料を石油や動物に依存せず、植物資源をベースに微生物発酵により生産される構造タンパク質である。このボディに、アートディレクター Fabien Baron(ファビアン バロン)によるグラフィックをプリント。そのデザインには人類で初めて月面着陸したNeil Armstrong(ニール・アームストロング)の言葉““One small step for man, one giant leap for mankind(一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大なる飛躍である)”を引用した意欲作に仕上がっている。

これらのアイテムは、1月18日(土)に、国内は『sacai 青山店』のみで発売。ユニセックス2型、カラーはBLACKと青山店のみで販売される国内限定カラー C/GRAYの2色展開となる。価格は39,000円(税別)。

『HHHYPE』がお届けするその他最新のファッション情報もお見逃しなく。