原宿のヴィンテージショップでの出会いを機に誕生した Converse x セージ・エルセッサー CONS One Star CC Pro

オリジナルがリリースされたのは、1974年のこと。「One Star」は1993年にシーンへと復活を果たして以降、クリーンな見た目と優れたグリップ力、柔軟性で、スケーターたちに欠かせない一足となった。19歳の新鋭スケーター・Sage Elsesser(セージ・エルセッサー)は、原宿で買い物をしている時に同フットウエアと出会ったという。「数ヶ月前に東京へ行った時に、ヴィンテージストアを端から端まで見てまわったんだ。そのうちのひとつで、Converse One Star Court Classicがガラスケースの中に入っていたんだよ」。

彼と〈Converse(コンバース)〉による二度目のコラボは、70年代のロートップを現代的にメイクオーバー。クリーンなホワイトとネイビーの全2色で展開される本作は、前者をレザー、後者をスエードで構成し、シュータンには金色の薔薇を配置している。また、〈Nike〉のDNAとして、ソールにはLunarlonクッショニングが搭載されているほか、ヴィンテージファン垂涎のかかと星のディテールを採用することで、アッパーをミニマルに仕上げた。

「Converse CONS One Star CC Pro」x Sage Elsesserは、2月10日(現地時間)より、〈Converse〉の一部取り扱い店舗にて発売。