UPDATE:Samsung が同社初となる折りたたみスマホのプロトタイプを遂に公開

UPDATE:「Samsung」の折りたたみ式スマホに続報が。次期デバイスのモデル名は、“Galaxy X”もしくは“Galaxy F”となる模様。“F”は折りたたみを意味する英単語“Fold”や“Flex”の頭文字、一方の“X”は“Extra”もしく10を意味しているのではと噂される。

ディスプレイは4.5インチとなり、スクリーンの開閉に伴い、それまで見ていた画面やアプリが自動的に最適化される模様。価格はこれまでの「Samsung」のフラッグシップ機や「Royole」社が発表済みの世界初の折りたたみスマホFlexPaiの価格設定から推測するに1500ドル程度が見込まれる。またAndroidは、“Screen Continuity”というコンセプトのもと、アプリを効率化させ折りたたみ式に対応するという。

We just announced support for foldables at #AndroidDevSummit, a new form factor coming next year from Android partners.

Android apps run seamlessly as the device folds, achieving this form factor’s chief feature: screen continuity. pic.twitter.com/NAfOmCOY26

— Android Developers (@AndroidDev) November 7, 2018

先日、世界初の折りたたみ式スマートフォン誕生のニュースをお伝えしたばかりだが、ここにきて市場をリードする大手「Samsung(サムスン)」も同社初となる折りたたみスマホのプロトタイプをチラ見せ発表。

アメリカ・サンフランシスコで開催されている開発者イベント「SDC 2018」でお披露目された本プロダクトは“Infinity Flex Display”と称するディスプレイを採用しており、畳めばスマホ、開けば7.3インチのタブレット形状に変身する。一見普通のスマホを開くと内側に画面が出現するという手帳形式。またこのディスプレイは“Multi-Active Window”というシステムで同時に3つまでのアプリを画面を分割して開くことが可能となる。

来年発表が見込まれるこの“フォルダブル(折りたたみ)”スマホは、Androidで正式にサポートされる模様。

『HHHYPE』がお届けするその他テック情報もお見逃しなく。