和と近未来的要素が同居する Sasquatchfabrix. 2017秋冬コレクション

クラシカルの肯定と否定を繰り返しながら、前衛的で遊び心のある洋服づくりで世界的に評価を受けるドメスティックブランド〈Sasquatchfabrix.(サスクワァッチファブリックス)〉より、2017年秋冬コレクションのルックブックが到着。今月はじめには架空スケートチーム・天狗SKATEのカプセルをドロップした同ブランドだが、まもなくローンチを迎える新シーズンは“ethos”をテーマに掲げ、見る者にどこか近未来的な印象を与えるコレクションを制作した。カラーパレットの中心は、ブラック、ネイビー、バーガンディ、ブラウン、ベージュの5色。法被にインスパイアされた羽織類、和装を彷彿させる襟元のディテール、柄物、刺繍など、〈Sasquatchfabrix.〉を象徴する日本的なデザインはもちろんだが、ルックブックではオーバーサイズのダウンやレイヤードに用いたタンクトップ、MA-1、ノーカラーのアウター、そしてバリエーションに富んだパンツで独特なシルエットを提案。また、大友克洋のSFコミック『アキラ』の中で、幼馴染がリーダーとなった暴走族に対抗する際に金田が放った名言のひとつ“健康優良不良少年”の文字を配したマフラーも人気筆頭候補のアイテムだろう。

ルックブックの最後では、随所に登場する彫刻家/現代美術家・大平龍一の作品の全貌もチェックすることができる。上のフォトギャラリーとあわせて、2017年春夏コレクションのご確認もお忘れなく。