再構築と脱構築をコンセプトに掲げる注目の新メンズウェアブランド scair がローンチ

2018年秋冬シーズンよりローンチを迎える日本発の注目新メンズブランド〈scair(スケアー)〉をご紹介。再構築と脱構築を意味する“reconstruction + deconstruction”をコンセプトに掲げる同ブランドは、まるで音楽のマッシュアップのような作業を経て、既存の価値や解釈を新たに再構築。原料から拘り、加工や着心地など細かな部分を追求した美しい物づくりに独自のデザインと機能を融合したアイテムが登場する。

デザイナーを務めるのは、これまでにセレクトショップやドメスティックブランドの企画を手がけてきた古賀優介、アートディレクションはデザイン事務所「白い立体」を率いる吉田昌平が担当。まずはそのデビューコレクションとなる2018年秋冬コレクションのルックブックを上から確認してみよう。

『HHHYPE』がご紹介するその他のファッション関連ニュースの数々もお見逃しなく。