アウトローなスタイルで他と一線を画す SKIN の2017年秋冬コレクション

川野達郎が手がける〈SKIN(スキン)〉より、2017年秋冬コレクションのルックブックが到着した。潜在的な虚勢心を奮い立たせるデザインの追求し、固定概念にとらわれないジャンルレスなクリエイションを軸とする〈SKIN〉は、細部にパンクスピリットを宿したスタイルを提案するドメスティックブランドだ。コンドーム型のレザーアクセサリーと言えばピンとくる人もいるかもしれないが、取り扱い店舗は渋谷『CANNABIS』、大阪『JAMMRU』、高松『FEVER』、福岡『Refugees』など東京から地方の実力派ショップまで実に幅広く、ファッションに深く精通する全国のヘッズたちから厚い支持を受けている。IN THE CLOSET “Rassoodocks”をテーマに掲げた今シーズンは、メッセージプリントをバックに施したコーチジャケットやベロアセットアップ、総柄ニット、ゴールドタイガーのボンテージパンツなどがラインアップ。また、男性器の形をしたトグルのダッフルコート、Beethoven(ベートヴェン)のフォトプリントフーディも他とは一線を画す〈SKIN〉らしいプロダクトとしてピックアップしておきたい。

最新コレクションのルックブックは、上のフォトギャラリーから。また、〈SKIN〉を知らなかったという人は、Instagramから過去のアーカイブをチェックしてみてはいかがだろうか。