UPDATE:Sneakersnstuff が八村塁をキャンペーンモデルに起用したエクスクルーシブな Air Jordan 3型を発表

UPDATE(2019/12/12):『SNS』限定となるJordanパックの販売方法が明らかとなった。『SNS』公式アプリ内で現在実施されているバスケットボールのゲームにて、高得点を獲得したユーザーに購入権が与えられるという。最新のテクノロジーによって開発された本ゲームは『SNS』ストアのある都市の街中に貼られた八村塁を起用したポスターと連動。アプリ内のカメラをポスターにかざすことでゲームがアクティベートされ、過去、現在、未来をテーマとした3種類のバスケットボールゲームがプレー可能に。12月17日(火)までの期間中にゲームで最高得点を獲得したユーザーは、八村塁の直筆サイン入りのバスケットボールと『SNS』のオリジナル商品をアソートしたギフトボックスをゲット。2位と3位のユーザーには『SNS』のオリジナル商品全部入りのギフトボックス、トップ100入りしたユーザーには12月18日(水)にリリースされるAir Jordan 1 Mid、Jordan Mars 270、Jordan Proto-Max 720のいずれかを購入する権利を獲得できる。

気になるポスターは東京・代官山の槍が先交差点(東京都渋谷区猿楽町 30)と『SNS』のショップのある『ログロード代官山』をはじめとした渋谷数カ所に設置されている模様。また公式サイトや『Instagram』上の画像を読み込むことでも本ゲームは起動するので、遠方の方も是非トライしてみよう。本キャンペーンは12月17日(火)で終了し、その後当選者の発表となる。

ORIGINAL(2019/12/5):来たる12月14日(土)、東京・代官山に誕生するスウェーデン・ストックホルム発のスニーカーショップ『Sneakersnstuff(スニーカーズエンスタッフ 以下、SNS)』が、そのオープニングを記念したエクスクルーシブなJordanパックをリリースする。

今パックには、20年前に創業されたストックホルムの店舗に敬意を表するデザインを採用したAir Jordan 1 Mid、Jordan Mars 270、Jordan Proto-Max 720の3モデルがラインアップ。そして、そのキャンペーンのモデルに〈Jordan Brand(ジョーダン ブランド)〉の契約アスリートであり、日本人初となるドラフト1巡目指名からのNBA入りを果たした八村塁を抜擢。このJordanパックのテーマである“Past, Present, Future(過去、現在、未来)”にのっとり、過去=練習風景、現在=ドラフト、未来=NBA選手として、バスケットボールプレーヤー Rui Hachimuraの進化を表現している。

それぞれのシューズのカラーリングは、『SNS』創業当時の小さな店舗のインテリアのカラーパレットを再現。『SNS』の歴史を振り返りながら作られたAJ1 Midは〈Jordan Brand〉のDNAである豊富な素材の中から、セイルカラーのレザーとウルフグレーのヌバックに、Michael Jordan(マイケル・ジョーダン)が所属したシカゴ・ブルズや八村塁のワシントン・ウィザーズのチームカラーであるレッドをアクセントとして取り入れている。

また、Jordanパックのローンチを記念して、『Sneakersnstuff』はストアのアプリ内でARを連動させたキャンペーンを実施。過去、現在、未来という3つの異なる設定でのバスケットボールゲームが体験でき、ゲームに勝利すると景品が当たるといった特典が用意されているという。

『SNS』によるJordanパックは、12月18日(水)発売、同ストアのアプリ限定展開となる。世界各国から購入可能で、東京店を含む店舗での引き渡しも可能とのこと。価格はAJ1 Midが15,300円、Jordan Mars 270が18,150円、Jordan Proto-Max 720が22,000円(それぞれ税込)となる。さらなる詳細は公式サイトのチェック、および公式Instagramのアップデートを見逃さないようにしよう。

『HHHYPE』がお届けするその他最新のフットウェア情報も確認してみてはいかがだろうか。