Snoop Dogg が“誰が史上最高のアスリートか?”という論争に終止符を打つ?

ダラス・マーベリックスから馬場雄大への正式オファーというビッグニュースも飛び込み、ますます盛り上がりを見せるであろう今季のNBA。そんなNBAと並びアメリカで国民的人気を誇るスポーツがNFLだ。米国内では現在、バスケットの神様と呼ばれるMichael Jordan(マイケル・ジョーダン)とNFLニューイングランド・ペイトリオッツのTom Brady(トム・ブレイディ)のどちらが“史上最高のアスリートか?”という論争がヒートアップしている。Tom Bradyは通算6度の「スーパーボウル」制覇を成し遂げており、一部では“G.O.A.T(greatest of all time)”として君臨するMJを超えたのではないか?とも言われている。

しかし、そんな論争に終止符を打つべく(?)ラッパーのSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)がInstagramにとある画像をポスト。Snoopといえば、これまでにも自身のSNSを使って皮肉めいた面白投稿を残しているが、今回は往年の名NBA選手 Kareem Abdul-Jabbar(カリーム・アブドゥル=ジャバー)の画像を投稿。そこでは以下のような説明が綴られている。「ヘイ Tom BradyにJordan!俺も6個(のチャンピオンリングを)持っているよ。加えて6回のMVP(スポーツ史上最多)もね。あとは歴代最多の通算得点記録、3回のNCAAでのMVPと3度のNCAAでの優勝もあるよ。G.O.A.Tの議論でそんなに熱くなるなって、若造よ!ちなみにBruce Lee(ブルース・リー)とも闘ってるぜ」

Kareemといえば、1970〜1980年代にミルウォーキー・バックスやロサンゼルス・レイカーズで活躍した伝説的プレイヤー。バスケットボールのエースナンバーのひとつである33番は、Kareemによって広められた番号でもある。映画『死亡遊戯』でBruce Leeと共演していることは有名な話。JordanとLeBron James(レブロン・ジェームズ)やKobe Bryant(コービー・ブライアント)との比較は、NBAファンを中心に度々論争を呼んでいるが、経歴だけいえばJabbarが圧倒的ともいえる。地元ロサンゼルスのレイカーズファンであるSnoopとしては、レイカーズのレジェンド選手の過小評価(?)は見逃せないところだろう。


『HHHYPE』がお届けするその他スポーツ関連の情報もお見逃しなく。