ソフトバンク社長が新型 iPhone の発売日をうっかり暴露?

「Apple(アップル)」社による最新スマートフォン端末として2019年秋の発売が濃厚とされている新型iPhone。2018年9月半ばに発表されたiPhone XS/XS Max/XRに次ぐその新端末には3眼(トリプルレンズ)カメラが搭載され、“iPhone 11(XI)”という名称での発売が噂されているが、今回がその発売日に関する有力情報が登場。その情報源は、本稿タイトル通り「ソフトバンク」代表取締役社長の宮内謙氏だ。

2019年8月5日(月)、「ソフトバンク」社は2020年3月期第1四半期の決算発表会を開催。質疑応答の際、2019年10月1日からの改正電気通信事業法施行に絡んだ質問として「9月中旬にiPhoneが発売されると思うが、発売されてから9月30日まではどういう感じになりそうか」と問われると、宮内氏は「(新型iPhone発売から9月30日までの)10日間どうしようかなという感じ」と回答。その後すぐに「(新型iPhone発売が)いつというのはまだ誰も知らない」と否定したが、新型iPhone発売日が9月30日の10日前、つまり9月20日(金)であることを示唆した形となった。

「Apple」社からの正式発表が行われるまで発売日が不確定であることは間違いないが、これまでの「Apple」社による新型iPhone発売スケジュールを顧みても9月20日(金)の発売は十分に有り得る話。事実として、2012年のiPhone 5から2018年のiPhone XS/XS Max/XRにいたるまで、最近のiPhoneはすべて9月中旬~後半の金曜日に発売が行われている。

『HHHYPE』がお届けするその他の最新テック関連ニュースの数々もお見逃しなく。