スパイク・リー初の Netflix 映画に『ブラックパンサー』のチャドウィック・ボーズマンが出演

2019年3月にいよいよ日本公開となる『ブラック・クランズマン(原題:BlacKkKlansman)』が、第91回アカデミー賞にノミネートされた鬼才映画監督のSpike Lee(スパイク・リー)。

そんなLee監督が手がける次作の情報が舞い込んできた。「Netflix(ネットフリックス)」製作となる『Da 5 Bloods』は、アフリカ系アメリカ人のベトナム帰還兵にスポットライトを当てている模様。出演キャストには『ブラックパンサー』でスターダムを駆け上がったChadwick Boseman(チャドウィック・ボーズマン)をはじめ、Delroy Lindo(デルロイ・リンドー)、Jean Reno(ジャン・レノ)らを起用。来月から撮影・製作が開始されると噂される本作は、Spike Leeにとって初となる「Netflix」映画作品となる。今後の続報を期待して待とう。

『HHHYPE』がお届けするその他エンタメ関連のトピックスもお見逃しなく。