アメリカ国内2ヶ所で建設中の『スター・ウォーズ』テーマパークは2019年内にオープン

2017年前半にアメリカ・カリフォルニア州の『ディズニーランド』とフロリダ州の『ディズニー・ワールド』でのオープンがアナウンスされ、2018年3月にはその建設現場の様子を捉えた映像が公開となった映画『スター・ウォーズ』をテーマとした新テーマパーク『Star Wars: Galaxy’s Edge(スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ)』。言わずと知れた人気SF映画『スターウォーズ』シリーズの世界をコンセプトとしたテーマパークとだけあって世界中のファンからの注目を集める同施設だが、今回ついにその正式なオープン時期が発表された。

『Disney Parks』が新たに公開した40秒弱の映像では、カリフォルニア州の『ディズニーランド』では2019年の夏、フロリダ州の『ディズニー・ワールド』では2019年秋後半にオープンすることが判明。また『Star Wars: Galaxy’s Edge』は映画『スター・ウォーズ』内に登場する惑星バトゥウ(Batuu)の世界観が舞台となっており、ミレニアム・ファルコン号の操縦を体験できるライド系アトラクションと、ファースト・オーダー(ダークサイド側)とレジスタンス(レイア姫率いる私設軍隊)の戦いを体験することのできるバトル系のアトラクションになるとのこと。

まずはその今回公開された予告映像を上から確認してみよう。あわせて、『スターウォーズ』ファン必見のスピンオフ作品『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の予告編映像もチェックしておこう。