Streetsnaps:Paris Fashion Week Men’s Spring/Summer 2019

ミラノからのバトンを受けた花の都・パリは今、ファッションウィーク一色に染まっている。トレンドの震源地として半年に一度、世界各国から洋服やカルチャーに精通した業界人たちが集結するこの一週間は、街の雰囲気も華やかなものへと一変するのだ。

コレクション会場からコレクション会場へ、そして展示会が行われているショールームから再びコレクション会場へと人々が忙しなく移動を続けるオフランウェイには、〈Gucci(グッチ)〉、〈Balenciaga(バレンシアガ)〉、〈Raf Simons(ラフ・シモンズ)〉など、ストリート常連の顔ぶれが揃う。また、今季「LVMH Prize」の大賞に輝いた井野将之が手がける〈doublet(ダブレット)〉のデッドストックパッケージTシャツに加えて、1990年代中期から2000年代初頭にかけてストリートシーンに名を轟かせてきたクロージングブランド〈Echo(エコー)〉のトラックジャケットを羽織る人の姿も。

だが、今季のパリの主役は紛れもなく、Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)である。ストリートには〈Louis Vuitton(ルイ ヴィトン)〉や〈Off-White™️(オフホワイト)〉を身につけ、彼の新たな門出を祝う者たちを至るところで確認した。

パリより到着したストリートスナップを上のフォトギャラリーから確認したあとは、本企画のミラノ編もあわせてチェックしておくべし。