STÜSSY より独自の審美眼と二面性を感じさせる2018年ホリデーコレクションが登場

〈Dickies(ディッキーズ)〉や〈PORTER(ポーター)〉との最新コラボアイテムで注目を集めたことも記憶に新しい〈STÜSSY(ステューシー)〉より、2018年ホリデーシーズンに向けた最新メンズコレクションにフォーカスを当てた最新ルックブックが到着。

本コレクションのバックボーンとして設定されたのはワークウェアであり、前シーズンの独創的なコレクションが根底をなす内容に。ホリデーシーズンは1年の中で最も気温の低いシーズンであるため、〈STÜSSY〉は身を守る事を目的としたワークウェアがコレクションのメインテーマとなっている事は理にかなっているとし、ミリタリーから一般的な作業着までの所謂ユニフォームのディテールが随所に散らされた。

アイテムを見ていくと、シンプルなデザインに鮮やかな色が映えるジップワークシャツや、フランス宮殿の壁の様な模様が施されたスウェットパンツなど、ワークウェアをベースとしながらも〈STÜSSY〉ならではの独自の審美眼や二面性を感じさせる新作の数々がラインアップ。ヘビーウェイトのコーデュロイ素材を使った鮮やかなマッシュルームパターンや、暖かいポーラーフリースを使ったゼブラストライプ、そしてチェスボードから飛び出してきたようなダウンジャケットに見るチェッカー柄など、大胆かつ決してエキセントリックではない柄使いにも注目してみてほしい。これらのアイテムは〈STÜSSY〉の全国の店舗およびオンラインストアにて発売中。

『HHHYPE』がご紹介するその他のファッション関連トピックの数々もお見逃しなく。