STÜSSY と i-D のタッグより1980~90年代のDIY精神を投影した最新コラボコレクションが登場

およそ40年前にアメリカ・カリフォルニアで産声を上げたブランド〈STÜSSY(ステューシー)〉とイギリス・ロンドン発のファッションカルチャー誌『i-D』のタッグ。数千マイルの距離を隔てた別々の大陸に拠点を構えながら、両者は長年にわたって良好な関係を築き、これまでに数多くのコラボレーションアイテムを世に送り出してきた。そして今回、そんな2つのパイオニア的存在が過去最大規模となる新たなコラボコレクションを発表。そのラインアップに並ぶのは、ピグメントウォッシュされたボディに新たなグラフィックをプリントしたTシャツ3型とフーディ2型。これらのアイテムは、両者に通じる1980〜90年代のDIY精神を投影させる一方、自分たちが現在着用できることを踏まえてデザインされている。

今コレクションは、日本国内においては全国の『STÜSSY CHAPTER』及び『Dover Street Market Ginza(ドーバー ストリート マーケット ギンザ)』にて7月13日(金)より、オンラインストアでは14日(土)より発売開始予定。まずはルックブックを上のフォトギャラリーよりチェックしてみて欲しい。

あわせて、先日発売を迎えた“レゲエの神様”Bob Marley(ボブ・マーリー)を称えた最新コレクションもお見逃しなく。