写真家アリ・マルコポロスが撮り下ろした STÜSSY 2019年夏の最新エディトリアルが公開

世界中にファンを抱える日本発のメンズファッション誌『GRIND(グラインド)』が、〈STÜSSY(ステューシー)〉2019年夏シーズンの新作アイテムを用いた最新エディトリアルを制作。フォトグラファーにはAri Marcopoulos(アリ・マルコポロス)を起用した。

〈STÜSSY〉のニューヨークチャプターで働くスタッフたちをモデルとした本エディトリアルでは、最新アイテムをストリートカルチャーと深く結びつくフォトグラファーのAri Marcopoulosのフィルターを通したモノクロ写真で表現。どんな夏の冒険にもうってつけのリラックスしたコレクション及びそれらを身に付けたスタッフたちを、彼らが慣れ親しんだニューヨークの街中で、親密な雰囲気のなかで撮影したストリートマインド溢れるビジュアルに仕上がっている。まずはそれらの写真の数々を上のフォトギャラリーより確認してみよう。

『HHHYPE』がお届けするその他の最新ファッション関連ニュースの数々もお見逃しなく。