ニューヨークにおける Supreme 2019年秋冬コレクション立ち上げの様子をチェック

2019年8月19日(月)夜に発表され、8月24日(土)に日本国内においても満を持して立ち上げを迎えた〈Supreme(シュプリーム)〉の2019年秋冬コレクション。本稿では日本よりも2日前の8月22日に第一陣がリリースを迎えたアメリカ・ニューヨークの様子をお届け。

ラファイエットストリート沿いに構える旗艦店『Supreme New York』の改装に伴った一時移転先の新店舗には、〈Supreme〉の新作アイテムを求める早い時間から数多くのファンたちが早い時間から集結。歌手で女優のMary J. Blige(メアリー・J. ブライジ)をモチーフにした最新グラフィックTシャツや、アーティストのMartin Wong(マーティン・ウォン)によるグラフィックワークが大胆に落とし込まれたフーディー、GORE-TEX素材を用いたアウター類などをはじめとするアパレル類に加え、〈TIMEX(タイメックス)〉とのコラボ腕時計や日本の「坪田パール」社とのコラボライターなどのアクセサリー類も大ボリュームで発売を迎え、集まったファンたちは各々好きなアイテムを手に帰っていった。また、お馴染みのシーズン立ち上げを祝すノベルティとして今季に用意されたのは、パラシュート付きの軍人モチーフのおもちゃ。それに加え、スクラッチ仕様のボックスロゴステッカーもファンたちを喜ばせていた。

まずは8月22日(現地時間)のニューヨークの様子を上のフォトギャラリーから確認してみよう。第一弾ドロップアイテムの数々を含む、『HHHYPE』がお届けするその他の〈Supreme〉関連ニュースの数々もお見逃しなく。