Supreme x Jean Paul Gaultier による2019年春夏コラボコレクションの全貌が明らかに

いま世界中のファッショニスタたちが最も注目しているであろうコラボレーショントピック、〈Supreme(シュプリーム)〉x〈Jean Paul Gaultier(ジャン=ポール・ゴルチエ)〉。先日突如としてInstagram上で明らかとされた同コラボレーションだが、今回ついにその全貌が明らかとなった。

もはや〈Supreme〉は『HHHYPE』上において説明不要のため割愛させてもらうが、〈Jean Paul Gaultier〉とはその名前にもなっているフランス人ファッションデザイナーのJean Paul Gaultierが手がけるブランド。1952年に生まれた彼は18歳のとき(1970年)に、1960年代~1970年代に一世を風靡したブランド〈pierre cardin(ピエール・カルダン)〉にアシスタントとして入り、その後も〈Jacques Esterel(ジャック・エステレル)〉や〈Jean Patou(ジャン パトゥ)〉などのメゾンで経験を積む。そして1976年、〈Jean Paul Gaultier〉としてファーストコレクションをデビューさせた。

〈Jean Paul Gaultier〉によるデザインの最大の特徴は、既存の枠組みにとらわれないアバンギャルドで挑発的な姿勢。メンズ用のスカートやセクシャルなテイストを押し出したビジュアルなど、唯一無二のデザインセンスとテーラーリング技術、そして自由なアイディアがときには物議を醸しながらも、次第にモードファッション界の“enfant terrible=悪童”と呼ばれるようになり、世界で最も大きな影響力を持つファッションブランド/デザイナーへと成長していった。

そして2019年春夏シーズン、突如としてその姿を現した〈Supreme〉x〈Jean Paul Gaultier〉のコラボコレクションには計17ピースのアイテムがラインアップ。 ダブルブレスト仕様のブレザーやカーゴスーツパンツ、カーゴスーツベストからなるスリーピーススーツ、ゴージャスなチェック柄のフェイクファーコート、バックパック付属のリバーシブルMA-1、パンクな総柄プリントが目を引くトラッカージャケット&パンツ、フローラルプリントのフーディー&スウェットパンツ、レーヨン地の半袖シャツ、グラフィックTシャツ、フレグランス、サングラスなどといったアイテムに加え、〈Schott(ショット)〉とのレザーホルスターや〈Vans(ヴァンズ)〉とのスニーカーといった、まさかのトリプルネームアイテムもスタンバイしている。

これらの最新コラボコレクションは日本国内の旗艦店及びオンラインストアにおいては4月13日(土)発売、海外においては通例通り日本より一足早い4月11日(木)発売となる模様。まずは〈Jean Paul Gaultier〉とも親交の深いMadonna(マドンナ)の愛娘であるLourdes Leon(ローデス・レオン)をモデルに起用したルックビジュアル及びアイテムデザインを上のフォトギャラリーから確認しておこう。

〈Supreme〉関連トピックを含むその他の最新ファッションニュースの数々もお見逃しなく。