Supreme のロンドン店の看板が盗難被害に……

〈Supreme(シュプリーム)〉への歪んだ愛からか、『Supreme London』の店頭プラカードが盗まれるという悲しい事件が発生してしまった。昨年9月に起きた際には未遂で終わったが、今回の犯人は壁を蹴り、店舗のサインを強奪。友人が撮影したと思しき映像では、「俺は成功したぞ」と言わんばかりに犯人が誇らしげな表情を見せている。

さらに、@realsuddenはその事実を誇示するかのごとく、ミュージックビデオのような謎の映像を投稿。どうやらこの@realsuddenはアーティスト活動をしているようで、今回の犯行に及んだ理由は、自身の楽曲をプロモーションするためではないかと推測されている。

捕まってしまえば元も子もないし、犯罪者の楽曲を誰が聴きたいのか、そんなことは少し考えればわかるはずである。前回の事件の際、〈Sup〉は犯人のIDを特定した人物にボックスロゴのクルーネックを用意したそうだが、今回の事件については未だ声明は出されていない。何より、一日でも早く犯人が逮捕されることを願うばかりである。

〈Supreme〉に関連するその他のトピックスは、こちらから。