村上隆が米ニューヨークの近代美術館 MoMa 限定となる新作フィギュアを発表

日本国内のみならず、世界の現代アート界を牽引する日本人アーティスト 村上隆。そんな彼が、アメリカ・ニューヨークの『The Museum of Modern Art(ニューヨーク近代美術館/以下、MoMa)』とチームアップした最新プロダクトをリリースする。

これまでにも村上氏の作品をフィーチャーした個展を開催してきた『MoMa』。そんな同美術館限定で発売される今回のアイテムは、1992年に村上氏が「Disney(ディズニー)」の代名詞キャラクターであるミッキーマウスから着想を得て生み出した“Dob君”のフィギュア。オリジナルカラーであるブルーをはじめ、ピンク、ライトブルー、ベージュ、パステルピンクからなる5色展開。足裏には『MoMa』のロゴも配置されている。高さ9インチ(約22.86cm)の新作フィギュアは前述通り『MoMa』エクスクルーシブとなり、9月26日(現地時間)よりニューヨークの『MoMA Design Store』店舗および公式WEBストアにて発売される。価格は79,100円。ちなみに、購入者1人あたり5つまで購入可能で、色はそれぞれ1色のみ選択できる模様。まずは、上のフォトギャラリーからそのビジュアルを確認し、気になる方は上記のオンラインサイトにアクセスしてみてはいかがだろうか。

合わせて、『SESAME STREET(セサミストリート)』のエルモをモチーフにした新作[email protected]もお見逃しなく。