久保建英が早くもスペイン1部バジャドリードに移籍の可能性

レアル・マドリードに移籍し、プレシーズンマッチで印象的な活躍を披露した久保建英に、スペイン1部のバジャドリードが関心を示しているようだ。地元紙『MARCA(マルカ)』によると、かつて銀河系の9番を背負った歴代最高峰のストライカーであり、現在同クラブのオーナーを務める怪物 Ronaldo(ロナウド)が、日本サッカー界の至宝を高く評価しているという。この夏にレアル・マドリードに加入した久保は今季、下部組織の選手たちが在籍するカスティージャ(Bチーム)でのプレーが見込まれている。しかし、レンタルでの放出になればクラブは久保をより高いレベルでトレーニングさせることができ、実際にリーガ・エスパニョーラの舞台を経験させることが可能。交渉が円滑に進むとの見解も少なくなく、久保は早速武者修行に出ることになるかもしれない。

『HHHYPE(ハイプビースト)』がお届けするそのほかのスポーツ情報は、こちらから。