ストリートで注目度急上昇中の TEAM SATAN SKATEBOARDING が遂に日本本格上陸

稲妻デザインのスニーカーでお馴染みの〈REVENGE X STORM(リベンジストーム)〉を手がけるストリートシーンの要注目人物 Ian Connor(イアン・コナー)をはじめ、日本ではJP THE WAVY(JP・ザ・ウェイビー)らといったラッパー陣が着用したことで話題を呼んでいる“TEAM SATAN 666”デザイン。国内外のアーティストやアイコンらが着用したことで注目を集める謎多き存在だが、今回そのアイテムが遂に日本で本格的に展開されることが明らかとなった。

それらの“TEAM SATAN 666”アパレルアイテムを製作しているのは、ロサンゼルス発の神出鬼没ストリートブランド〈TEAM SATAN SKATEBOARDING(チーム サタン スケートボーディング)〉。そのアパレルは悪魔崇拝の象徴的な数字である“666”をメインロゴに採用した攻撃的なデザインが目を引くデザインに仕上がっており、LA現地でもブランド側の目に留まったスケートキッズをサポートするなど、ストリートカルチャーに根付いた動きでジワジワとその頭角を現しつつあるWebサイトすら持たない謎のゴールデンルーキーだ。

そしてそんな〈TEAM SATAN SKATEBOARDING〉を日本で初めてフルラインアップで展開するのは、こちらも多くが謎に包まれたオンラインショップの『RincWEB』。6月16日(土)の午後12時からTシャツやロングスリーブTシャツ、フーディが発売される予定となっているので、気になる方は売り切れ前にゲットしよう。

『HHHYPE』がご紹介するその他のファッショントピックの数々もお見逃しなく。