adidas が仏プロゲーミングチーム Team Vitality とのコラボフットウェアをリリース

米ゲーム会社「Riot Games(ライアットゲームズ)」と〈Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)〉のパートナーシップ締結に代表されるように、eスポーツとファッションの結びつきが強まりつつある昨今。そんな中、〈adidas(アディダス)〉がフランスのプロゲーミングチーム Team Vitality(チーム バイタリティ)とチームアップしたコラボフットウェアをリリースする。

『Rainbow Six』シリーズや『Counter Strik: Global Offensive』といったFPSタイトルにおける、卓越したパフォーマンスで知られるTeam Vitalityだが、2017年には〈adidas〉とアパレルパートナーシップを締結している。そんな両者による本コラボモデルはVIT.01と題され、AM4 SpeedFactoryをベースモデルに採用。チームのマスコットである蜂の翼を象徴するモノクロの幾何学模様と、“V for Victory” を表すイエローのラインがアッパーを飾る。さらに、シュータンにはTeam Vitalityのロゴ、ヒールには“VIT.01”を配し、同チームをトリビュートする仕上がりとなっている。

本モデルのリリースに際し、Team VitalityのオーナーであるFabien “Neo” Devide(ファビアン・”ネオ”・デバイド)は以下のようにコメントした。「革新と競争という共通の価値を共有するブランドであるadidasとのコラボレーションを継続できることを非常に嬉しく思います。eスポーツは単なる一過性のトレンドではなく、長期に渡って続く真の社会的トレンドであると確信しています」。また、フランスの〈adidas〉社でブランドマネージャーを務めるSylvain Bouches(シルベイン・ブーシュ)は「Team Vitalityは質の高いパートナーであり、eスポーツ文化に根差す世代全体を刺激します。分野を問わず、アスリートに最高の製品とテクノロジーを提供し、彼らのゲームに変化をもたらすことを手助けすることが我々の優先事項です」と語っている。

こちらのAM4 VIT.01は、Team Vitalityのウェブストアにて発売中。価格は約175ドルとなる。

あわせて〈Louis Vuitton〉の手がけた『League of Legends』世界大会のトロフィーケース製作の舞台裏も押さえておこう。